サポート校の概要

通信制高校とサポート校の比較サイト

サポート校と通信制高校

通信制高校・サポート校は、通信制高校の生徒が単位を円滑に修得できるようにサポートする民間の塾のような教育施設のことを指しています。
通信制の高校では、レポートの提出、スクーリングの出席、単位認定テストの試験の合格によって単位が認定され修得し卒業できます。
しかし通信制高校で生徒が一人で自宅学習を継続するのは難しいことがあります。
添削指導型の通信講座(例:○×ゼミ、○会・・・etc)を受講して続かなかった人も少なくはないと思います。
その解決法のひとつとして、サポート校があります。
サポート校は学校教育法で定められたいわゆる「学校」ではありません、しかし、通信制高校との提携により各校の1キャンパスとして位置づけられることもあります。
そのため、多くのキャンパスを抱える学校では、キャンパスごとにサポート内容や基本的な単位履修などの学費以外の費用がキャンパスごとに違っていることがよくあります。
フリースクールが高校生向けに運営している場合や、サポート校として独自に設立された場合、塾や予備校が昼間のスペース活用で運用している場合には、 ありがちな名称として「○×学院」「○×高等学院」という名称になっていることがあります。
「○○高等学校通信制○×キャンパス」とは違うので、複数の通信制高校と提携していて、入学時に通信制高校を選ぶこともできます。
自分に合った通信制高校を選ぶことができるのが強みです。

通学して、あるいはインターネットを活用し、また家庭教師を派遣したり、様々なスタイルで通信制高校の生徒の学習をサポートのがサポート校です。
病気で通院の多い方、不登校やひきこもりの傾向で、毎日通学するのが難しい生徒にとっても新たな学びの場となります。
専門的にITやプログラミングを学ぶことのできるサポート校、発達障害の生徒に特別支援を行う専門的なサポート校、予備校や塾が母体の進学に強いサポート校もあります。
学習方法についても、学校のように時間割が決められていて授業を行うところや、一斉指導授業は行わず、個別の授業を行うところ、夜間も運営する社会人向けの教室など様々です。
行事もあり、体育行事や文化的な行事、校外学習、修学旅行などが用意されていることもあります。
当然、学校(一条校)ではありませんので、通信制高校のレポートを提出したり、スクーリングやテストに参加する必要はあります。
学費については「通信制高校+サポート校」がかかることもあり、高く見られがちですが、通信制高校でも通学コースなどは別途費用が掛かりますので基本的には大差はありません。
大抵は学校は学校としての取りまとめ、サポート校は生徒のための仕事という具合に分業されますので、学校が苦手な人にも居心地はよいと思います。
通信だから家で一人でと考えずに、サポート校や通学できる施設を利用して高校生活を楽しめるとよいですね。

通信制高校相談センター・無料資料請求

↑ PAGE TOP