鹿島学園高等学校(本校)

鹿島学園高等学校の特徴

鹿島学園高等学校 広域通信制課程(単位制)普通科

通信制高校で学びたいという生徒の要望でできた通信制高校、鹿島学園高等学校通信制。

鹿島学園高等学校通信制課程は、全日制普通科高校の鹿島学園が、「通信制高校で学びたい」という生徒の皆さんの要望に応えて開設したものです。「就学支援金」により授業料が減免されます。
全日制の生徒もいるので、卒業証書は全日制と同じになっています。

鹿島学園高等学校の歴史

通信制高校鹿島学園高等学校の本校は茨城県鹿嶋市にあります。

鹿島学園高等学校は、Jリーグ・鹿島アントラーズのホームスタジアムに程近い小高い丘の上にあります。 全日制はサッカー(2003年茨城県代表インターハイ出場、2005年~2007年[第83回~第85回]茨城県代表全国高校サッカー選手権大会出場、 2006年全国ベスト8、2007年全国ベスト16・2007年茨城県代表インターハイ出場)、ゴルフ(2002年~2007年全国大会団体戦連続出場、 2004年~2006年全国大会団体戦3年連続優勝、2007年全国大会団体戦準優勝)などの強豪校として知られ、 国公立大学や難関私立大学(早稲田、慶應義塾など)への進学実績も上げています。

2004年には、「生徒ひとりひとりが自分を見つめ直し、次の一歩を踏み出す足がかりをつくること」を目的とした通信制を開設しました。 全日制も通信制も、同じ鹿島学園の仲間です。鹿島学園の生徒としての誇りを持って、有意義な高校生活を送ってください。

オプションコース

鹿島学園高等学校は入学可能地域、全域にキャンパスがありそれぞれ違った特徴があります。教室によってはオプションコースなども用意されていますので、興味のある人は確認してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました