通信制高校への転校と進路への影響

全日制高校を辞めて通信制高校へ転校したら就職や進学に影響があるでしょうか、それぞれ事情は違いますが、ネガティブにとらえる必要はありませんので一つ一つ考えてみましょう。

卒業生の履歴書と転校

通信制高校への転校が進路に大きく影響することは考えにくい。

全日制高校から通信制高校へ転校すれば履歴書には転校したことを書かなければならなくなります。

2018年4月 ○○県立××高等学校入学

2018年10月 私立△△高等学校転入

2021年3月 私立△△高等学校卒業

という具合です。

転校と書きていましたが、前の学校を出ることを転学といい、次の学校に移ることを転入といいます。なので、転校したときは転入となっています。

さて、転校する本人は「成績不振」「出席日数」「対人関係」など、悩みがあって転校したつもりでいるかもしれません。

しかし、小中学校まで公立だった人は転校した友達のことなど思い出してみてください。

公立の小中学校で転校した友達って、成績不振だったり、出席に数が原因だった人っていますか?対人関係はあったかもしれませんが、転校した人の多くは自然災害だったり、保護者の事情が多かったのではないでしょうか。

転勤で一緒についていくためだったり、家庭の事情だったり様々ですよね。

その人たちが、中学3年で転校したから高校進学できなかったという話は特になく、これは高校でも影響はありません。

通信制高校へ転校した人の調査書

履歴書よりおそらく、調査書のほうが進路に直接影響するので気になるところかと思います。

調査書には出席日数から成績からなにから記載され、就職なら就職先へ、進学なら志望校に送られます。

だからといって、それによって落とされたというのは考えにくいことが多いです。

全日制高校で欠席が多くて通信制高校へ転入した人でも、就職するケースは私が見ている限りですがあまり珍しくありません。

特に就職で調査書が必要になるケースは、高校3年のときにハローワークを通して就職するときくらいです。そんなにたくさんのケースを扱ったわけではありませんが、就職できている人も珍しくはないので、就職できなかったからと言って 当人にとって 転校だけが影響しているとは思えません。

また進学でも影響はないと思います。一般受験、推薦、AOなど受験の方法は様々ですが、面接が苦手、小論文が苦手は影響していますが、これも転入しているからというケースはないようです。

大分前にある専門学校で特定の通信制高校の生徒を取らないとかはあったようですが、それはその学校の先輩がなにか問題を起こしたからであって、通信制高校だからということではないようでした。

履歴書より赤裸々に、高校時代の過ごし方が伝わってしまう調査書。これは変えようがないので、そういうところを気にする面接官がいれば影響が出ないとはいいきれません。しかし、どうどうと高校時代を過ごし、自分がなぜ転校したかをポジティブに述べられるようにしておくことで明暗は分かれてくるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました